東京の家の屋根に取り付ける太陽光発電

一見すると電力は安定的に供給されるようになったかのようにもおもえます。しかし猛暑や厳冬となると、かろうじて綱渡り状態で電力が供給されています。国民全体が節電に慣れてきたのと同時に家電に節電の機能が高まってきたことで何とか乗り切れているとおもったほうがよいのでしょう。まだまだ電力には不安があります。それだけに太陽光圧電を自宅でもできるようにしておいたほうが無難だといえます。東京でもまだまだ大規模な災害の可能性は否定できません。そのような時に自宅の屋根で太陽光発電ができれば、防災上とても頼もしくなります。もちろん普段の暮らしでも太陽の光だけできるわけですから、その価値はとても大きな喪にになります。地球環境を汚すことなく、自然のエネルギーだけで発電をしたエネルギーを利用して生活ができるのは、気分の面でもとても快適です。

東京では太陽光発電を利用している家庭が増えている

東京では太陽光発電を利用している家庭が増えています。太陽光発電を利用する事により節約になり日々の電気料金が安くなる為多くの家庭が採用しているのです。この太陽光発電とは屋根に特別な機械を置きその機械に太陽光を集めさせて集めた太陽光で電気を作る発電方法です。この発電方法を利用する事により電気料金が安くなり月々の節約につながるのです。こういった事から多くの家庭がこれを利用しています。私の周りでもこれを利用している家は多くこれを利用してから電気料金が安くなりとても生活が楽になったと言っています。それほどまでにこれは電気料金の負担を和らげてくれるのです。また、これは比較的簡単に取り付けることが出来ると言う事も人気の理由にあります。取り付けに時間がかからないため、あまり時間を取る事が出来ない家でも短期間で取り付けられるのです。

太陽光発電と東京都補助金について

民生用用途で、太陽光発電を導入することを検討する企業は、最近の時流に載ってかなり増えてきています。但し、あくまで検討するということで、導入に至るケースはまだまだ少ないと言えます。理由は、やはり経済性ということになります。どうしてもまだまだイニシャルコストが高いことと、いわゆる改修年数が単純改修年数で太陽光発電の耐用年数内に納まらないことが多いからです。ですから、現実的には本当に節電をするために導入を決めるケースはほとんどないと言っても良いでしょう。企業のアピール又は、テナントビル等ではテナント誘致に対象なりとも優位になるというインセンティブが働き、導入に至るケースがほとんどです。ただ、東京都ではコージェネレーションシステムや蓄電池システムなどを導入することを条件に、補助金が出るのでそれを利用することはできるでしょう。導入検討には、高い専門性が必要なことととその他設備を導入するイニシャルコストが掛かることが前提ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)